ここから本文です

縄文文化にふれる 丸木舟体験に歓声/富山

チューリップテレビ 7月6日(水)19時57分配信

 縄文時代の暮らしを体験する授業が小矢部市で行われ、中学生が杉で作った丸木舟に乗りました。
 小矢部市の大谷中学校では、地元にある縄文時代の遺跡桜町(さくらまち)遺跡を学ぼうと生徒が、土器作りなど当時の暮らしを体験しています。
 今回は1年生20人が縄文時代に使われていた丸木舟に乗りました。
 長さ7メートル幅70センチの丸木舟は市民グループが10年前に宮島杉(みやじますぎ)を用いて手作りしたもので小矢部市の子撫川から新潟県糸魚川市までの110キロの航海を成功させました。
 生徒たちは、力をあわせて舟を漕ぎ、前に進めていました。

チューリップテレビ

最終更新:7月6日(水)19時57分

チューリップテレビ