ここから本文です

【MLB】01年マ軍監督が語るイチロー1年目と今 足跡は「奇跡のように素晴らしい」

Full-Count 7月6日(水)19時2分配信

メジャー1年目の指揮官ピネラ氏、3000安打到達は「当時はあり得ないと思っていた」

 元マリナーズ監督のルー・ピネラ氏が5日、電話会見を行い、メジャー通算3000安打に残り10本と迫っているマーリンズのイチロー外野手について語った。

現役選手はイチロー含め3人ランクイン MLB歴代通算安打数ベスト50

 現役時代にヤンキースなどでプレーしたピネラ氏は、ヤンキース、レッズの監督を経て、1993~02年にマリナーズを指揮。イチローがルーキーだった01年には、メジャー最多タイ記録のシーズン116勝を達成した。

 ピネラ氏がリードオフマンに据えたイチローは、リーグトップの打率.350、242安打、56盗塁をマーク。メジャー史上2人目となるリーグMVP&新人王のダブル受賞を果たした。そのプレースタイルについて、ピネラ氏は「彼のやり方は教えることはできない」と振り返る。

「一塁への走り方、ボールの打ち方、彼は上半身をホームプレートの上に残したまま打つことが出来るから、ボールを非常にうまくコンタクトすることができる。もちろん、今は衰えも見えてきたが、それでも経験があるし、そのやり方を知っている」

 恩師はこのように話した上で、「1つ言えるのは、彼が初めてやってきた年(2001年)、42歳という年齢までプレーして、3000安打を目指すことになるとは、当時は私はあり得ないと思っていた。2000本安打に達するだけでも、非常に素晴らしい功績だったと思う。(彼が3000安打に達することを)自分のことのようにうれしく思う。本当にそう思うよ。彼は非常に素晴らしい若者だ。野球というスポーツを代表する素晴らしいアンバサダーだ。私はうれしいよ」と、偉業達成を心待ちにしていることを明かした。

 さらに、イチローのメジャーでの功績や選手としての能力、スビードを活かすスタイルを貫いた理由などについて話した上で、当時の逸話も披露。ここまでのキャリアを「奇跡のように素晴らしい」と絶賛している。恩師が語ったイチローの1年目と今とは…。

――イチローの活躍は日本の野手の評価を変えたか?

「いい質問だ。答えはイエス。日本の選手は非常によく基礎がたたき込まれている。コーチたちが素晴らしい仕事をしている。基本的なプレーだったり、メカニックス(技術)だったり。イチローはその最好例だ。彼はどうやって試合を戦うべきか知っているし、素晴らしいプレーをする。そのおかげで、日本の野球は非常にレベルが高いことを強く印象づけた。

 驚くべきは、イチローはスラップヒッターだとか何だとか言われるが、打撃練習を見れば、彼は客席まで打球を飛ばすことができるのがわかる。彼が内野の左方向にボールを打つと、内野手はそちらへ2、3歩動かなければならず、一塁への送球が間に合わなくなる。バントでの打球の転がし方、必要とあらば守備の間隙をついた打球を飛ばせる能力、彼は渡米した時、すでにメジャーの宝になるものとしてやってきたが、彼がどれだけ早くメジャーで自分の立場を確立したかには、少し驚かされた。何はともあれ、彼が築き上げたキャリアは奇跡のように素晴らしい」

1/3ページ

最終更新:7月6日(水)19時44分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報