ここから本文です

年の差は16も ベテランと若手の究極融合にコンビにモウリーニョも期待「互いを補完する素晴らしい関係に」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月6日(水)17時40分配信

イブラヒモビッチとラッシュフォードに期待

新生マンチェスター・ユナイテッドの前線で注目を集めるのは、PSGから加入した34歳のズラタン・イブラヒモビッチと、ルイ・ファン・ハールの下でブレイクした18歳のマーカス・ラッシュフォードのベテラン&若手のコンビだ。指揮官のジョゼ・モウリーニョはウェイン・ルーニーも9番の位置で起用する可能性があるとコメントしていたが、イブラヒモビッチとラッシュフォードの関係にも大きな期待をかけているようだ。

この2人の特徴は何といっても年齢差だ。ベテランのイブラヒモビッチとブレイクしたばかりのラッシュフォードは16も年齢が離れており、まさにベテランと若手が融合した形になっている。英『Daily Mail』によると、モウリーニョは2人ともフットボーラーとして完璧な年齢ではないと主張しながらも、互いを補完し合う良い関係になると期待している。

「34歳はフットボーラーにとって完璧な年齢ではない。18歳もそうだ。私は彼らが互いを補完する素晴らしい関係になると思う」

イブラヒモビッチにはその経験をラッシュフォードに伝えることが期待され、ラッシュフォードには若手らしい勢いをチームにもたらすことが期待されている。今季に比べればラッシュフォードの出場機会は減るかもしれないが、年の差16のコンビは新生マンUで注目すべき1つのポイントと言えそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月6日(水)17時40分

theWORLD(ザ・ワールド)