ここから本文です

巨人阿部が満塁から勝ち越しの2点打 3試合連続適時打でリード奪う

Full-Count 7月6日(水)20時12分配信

6回に貴重な2点タイムリー

 巨人の阿部慎之助捕手が6日の阪神戦(東京ドーム)の6回、1死満塁から貴重な2点タイムリーを放ち、リードを奪った。

 阿部は岩崎に対して、第2打席まで2三振だった。第3打席は1-1の同点、1死から橋本到の四球、坂本、長野の連打で作った満塁のチャンスで迎えた。とらえた打球はピッチャーの足元を抜けて、センターへ。2人が生還し、勝ち越した。

 阿部は3日のヤクルト戦(秋田)、5日の阪神戦(東京ドーム)に続いて、3試合連続タイムリー。頼れるベテランだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月6日(水)21時10分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]