ここから本文です

巨人田口が「死に物狂い」で4勝目 2軍落ち覚悟で約1か月ぶり勝利

Full-Count 7月6日(水)21時18分配信

7回途中1失点で「やっと勝てました」、今季4勝のうち3勝が阪神戦と虎キラーぶり発揮

 巨人の若き左腕・田口麗斗投手が6日の阪神戦(東京ドーム)で6回1/3を投げ、1失点で4勝目をマークした。そのうち3勝が阪神戦。虎キラーぶりを発揮した。

 1点を先に失ったが、粘りの投球。7回途中でマウンドを2番手の宮国に譲ったが「自分が(7回を)3人で切れれば良かったと思いますが、宮国さんが抑えてくれてよかったです」とリリーフ陣に感謝した。

 自身は5月31日の交流戦開幕だったオリックス戦以来の勝利。6月は未勝利だった。「もっと早く勝てたと思うんですが、やっと勝つことができました。ふがいない投球が続いていたので、いつファームに落ちてもおかしくない。死に物狂いでマウンドに上がりました」とお立ち台で苦しかった胸の内を明かした。

 前回の勝利も阿部のバットで助けられた。この日も主砲のタイムリーが勝利を呼び込んだ。「阿部さんが打ってくれると信じていたので、さすがだなと思っていました」。巨人は投打がかみ合い、5カードぶりのカード勝ち越しを決めた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月6日(水)21時18分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報