ここから本文です

4年後のEUROは無理か ブッフォンがベルギー、スペイン、ドイツ相手に示した圧倒的な信頼度

theWORLD(ザ・ワールド) 7/6(水) 18:40配信

今大会もっとも信頼できるGKに

ドイツ代表GKマヌエル・ノイアーとのPK戦では惜しくも敗れたものの、イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンはやはり偉大な選手だ。

ブッフォンはドイツ戦でメスト・エジルに得点を許したが、あれがEURO2016唯一の失点だった。グループステージではアイルランド代表に0-1で敗れているが、その試合ではサルバトーレ・シリグが出場していたため、ブッフォンは失点に関与していない。ブッフォンはベルギー、スウェーデン、スペイン相手にクリーンシートを維持してきたのだ。

伊『Gazzetta dello Sport』によると、ブッフォンは今回のEURO2016で11本の枠内シュートを浴びている。このうち得点を許したのはエジルの近距離から放ったシュートのみで、10本はストップしている。阻止率は91%となり、同メディアによればこれは現時点で今大会最高の数字だという。

ブッフォンに続くのはポーランド代表GKウカシュ・ファビアンスキで、90%の阻止率を記録している。ブッフォンとの差はほとんどないが、それでも一応ブッフォンの数字が上回っている。

しかもブッフォンの場合はベルギー、スペイン、ドイツと優勝候補にも挙げられる相手とばかり対戦しており、この3試合で1失点しかしていないのは見事だ。もちろん失点が少なかったのはブッフォン以外にもジョルジョ・キエッリーニら守備陣が体を張ったことも大きいが、ブッフォンは今大会もっとも信頼できるGKだったと言えよう。

ブッフォンは今回のEUROがキャリア最後のものになると語っていたが、この数字を見れば4年後でもゴールマウスを守れるのではないだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/6(水) 18:40

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。