ここから本文です

[移籍]ヴィッセル神戸、浦和からDF橋本獲得を発表 クロスの名手、恩師ネルシーニョのもとに

theWORLD(ザ・ワールド) 7月6日(水)18時37分配信

「試合に出場したい」

ヴィッセル神戸は、浦和レッズからDF橋本和を期限付き移籍で獲得した。期限は2017年1月31日までとなっており、橋本は浦和との対戦では出場できない。

現在29歳の橋本和は青森山田高から大阪体育大に進学。柏レイソルを経て2015年に浦和レッズに加入した。浦和ではミハイロ・ペトロヴィッチ監督の戦術に合わず出場機会にを減らし、今季はカップ戦を含め3試合の出場にとどまった。

同選手は浦和レッズの公式サイトと通じ「いつも応援していただいていたファン・サポーターのみなさんに大変感謝しております。プロサッカー選手として試合に出場したいという思いが強くなり、環境を変える決断をしました。元気な姿を見せられるようにがんばってきます」とコメント。ヴィッセル神戸の公式サイトを通じては「神戸の勝利に貢献できるように全力でがんばります」とコメントしている。

オーバーラップからのクロスを持ち味とする橋本は、柏レイソルでもともに過ごした恩師ネルシーニョ監督のもとで再び輝きを取り戻すことができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月6日(水)18時37分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。