ここから本文です

パスもタッチ数もチャンスメイクも全てトップ ウェールズの10番背負う男の穴は埋まらない

theWORLD(ザ・ワールド) 7月6日(水)19時20分配信

準決勝は出場停止のラムジー

EURO2016準々決勝のベルギー代表戦でハンドを取られ、今大会2枚目のイエローカードを受けて準決勝を出場停止となってしまったウェールズ代表MFアーロン・ラムジー。ラムジーの代わりにはアンディ・キングが入ると予想されているが、ラムジー不在の影響はどれほど大きいのだろうか。

ここまでラムジーは1得点4アシストを記録しており、アシストランキングではトップに立っている。ラムジー以上に得点に絡んでいるのは4得点2アシストのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンのみで、ラムジーは今大会の主役と呼べる選手の1人だ。

さらに英『sky Sports』によると、パス本数は245本でチームトップ、タッチ数375回、クロス本数8、チャンスメイク回数15もチームトップの数字だ。シュート本数12本、タックル回数12回、ドリブル成功回数7回はチーム2位の成績で、ほとんどの部分でラムジーはチームトップレベルの数字を残している。

同メディアはウェールズ代表監督クリス・コールマンのスタイルにラムジーが完璧にフィットしていると伝えており、その存在感はエースのガレス・ベイルと大差ない。チャンスメイク、守備など準決勝のポルトガル代表戦ではラムジー不在の影響を感じる部分が多々あるはずだが、ウェールズはサプライズを期待する人々の期待に応えて決勝へ進めるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月6日(水)19時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。