ここから本文です

“レジェンド”山本昌氏、質疑応答でエール DeNA三浦に「50歳までやれ」

Full-Count 7月6日(水)22時44分配信

ツイッターのQ&Aに登場、現行コリジョンは「スカスカのルール」

 スポーツコメンテーターの山本昌氏が5日、ツイッターの#BlueRoomでQ&Aを行った。野球に関することから、全く関係ないものまで、質問ツイートの内容は様々。“レジェンド左腕”は今年のプロ野球で話題となっているコリジョンルールもバッサリと切るなど、的確に質問に答えていった。

中日、過去10年のドラフト指名選手一覧

 山本氏は中日で32年間、現役としてプレーし、昨季限りで引退。通算581試合に登板し、219勝165敗、防御率3.45の成績を残した。NPB最年長勝利記録(49歳25日)や、NPB史上初となる50歳(57日)での公式戦出場など数々の記録を樹立。引退後はスポーツコメンテーターとして活動しており、わかりやすい解説には定評がある。

 山本氏は今季から導入されたコリジョンルールについて聞かれると、「今年から導入されましたけど、ちょっとスカスカなルールだったかなと、突っ込みどころ満載かなと思いますよね」と指摘。さらに「タッチなんかもやり方が変わってますし、かなり走者に有利。もうちょっと考えてやらないと、これは本当に野球がつまらなくなると私は思いますので、今回のルール改正、私は楽しみにしてます」と話した。

 また、同じように今季の球界の話題をさらっているヤクルト山田についても言及。昨季、トリプルスリーを達成した23歳は打率、本塁打、打点、盗塁でリーグトップに立つなど、さらなる進化を見せている。

 その山田の抑え方を聞かれると、「小さい体であの飛距離、スイングスピード、素晴らしいですよね。私も『抑え方を教えてくれ』と言われますけど、抑えてないんです。多分、7打数4安打なんです」と“告白”。その上で「偉そうなことは言えませんけど、あるとしたらアウトコース低めですね。インコースを捌くのはうまいですし、『アウトコースの低めに良いボール投げる』。これが一番の攻略法かな。なぜかというと、ホームランがすべてレフト方向なんですよね」と具体的に説明した。

1/2ページ

最終更新:7月6日(水)22時58分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]