ここから本文です

高3殺害の疑いで容疑者逮捕 平塚署

カナロコ by 神奈川新聞 7月6日(水)7時3分配信

 平塚市の雑木林で男子高校生の遺体が見つかった事件で、平塚署は5日、男子生徒のオートバイに乗用車をぶつけて死亡させたとして、殺人の疑いで、藤沢市西富2丁目、自称土木作業員の容疑者(20)を逮捕した。同容疑者は「追い抜きざまににらまれたと思い、頭に血が上って追い掛けてぶつけた」と供述している。

 逮捕容疑は、4日午前2時50分ごろ、平塚市高根の市道先の雑木林で、県立高校3年の男子生徒(18)=横浜市旭区川島町=のオートバイに、運転する乗用車を追突させて殺害した、としている。

 同署によると、同容疑者はドライブ中に路肩に車を止めていたところ、オートバイで横を通った男子生徒ににらまれたと思い約3分間追走、雑木林で立ち往生したオートバイに追突させた。乗用車には同容疑者のほか男女2人が乗っており、近くの防犯カメラ映像には同容疑者が運転している様子が残されていた。

 同署は、約3分間にわたり追い掛け、衝突現場にブレーキ痕がなかったことから、殺人罪に問えると判断。同容疑者は追突させたことは認めているが、殺意は供述していないという。

 同容疑者は事件後に現場を立ち去ったが、同日午前に「事故を起こした」と藤沢署に出頭していた。

最終更新:7月6日(水)7時3分

カナロコ by 神奈川新聞