ここから本文です

大竹しのぶ、鶴瓶に「自然と拒否反応が(笑)」

Lmaga.jp 7/6(水) 15:00配信

映画『後妻業の女』の完成披露会見が5日、大阪・道頓堀川を航行する遊覧船で行われ、主人公・小夜子を演じる大竹しのぶをはじめ、豊川悦司、笑福亭鶴瓶、鶴橋康夫監督、原作者の黒川博行が登場した。

映画本編に大阪の川を巡る船上での婚活パーティのシーンがあることから実現した今回の会見。猛暑に見舞われながらも、珍しい水上記者会見にスタッフ、キャストもはしゃいだ様子だった。

大竹は、「長い間映画の仕事をしていますが、このような会見は初めて。豊川さんは昔から共演しているので一緒にいて楽だし、楽しい。逆に鶴瓶さんの方が『芝居している』という感じでした。鶴瓶さんとのベッドシーンでは自然と拒否が出てしましました(笑)」とコメント。

すると鶴瓶は、「大竹さんとベッドシーンがあると聞き、本も読まずに出演をOKしました。 大竹さんは関西弁が非常にうまく、違和感がなかったですけど、関西の人と付き合ったことがあるんじゃないですか? (大竹「記憶にありません(笑)」) その関西の方には、番組で一緒になったときに共演の報告をしました。彼は『そんな報告しなくていい』と言っていました」と笑いを誘った。

また、小夜子とともに老人をだます結婚相談所の所長・柏木を演じた豊川は、「大阪のいろんな場所が登場しますが、この映画は『大阪』を舞台にしたという点が一番の肝だと思います。大阪には毒を楽しんで、笑う文化がある。人間の本質をパロディ化している映画です」と、映画の魅力について語った。映画は8月27日に公開される。

最終更新:7/6(水) 15:00

Lmaga.jp