ここから本文です

5人組ボーイズグループ「Boys Republic」、初日本ツアー、ワンマンライブでデビュー曲「Only Girl」を披露!

E-TALENTBANK 7月6日(水)22時24分配信

韓国の5人組ボーイズグループ「Boys Republic(ボーイズリパブリック)」が、7月6日(水)、自身初となる日本ツアー、東京公演ワンマンライブを開催。そこで、9月28日にリリースされる日本メジャーデビュー曲「Only Girl」を披露した。

2013年、韓国デビューした5人組ボーイズグループ「Boys Republic(ボーイズリパブリック)」。デビューシングルは iTunes シングルチャート1位を取得、BIGBANGもモデルになった事で有名な「チェジュ航空」のモデルに抜擢されるなど話題となった。彼らは、リリースごとに様々な表情を魅せ、2015年には7ヶ国8都市をまわるヨーロッパツアーを行うなど、アジアだけでなく世界で活躍するグループとして活動している。

そんな彼らが、満を持して開催した初日本ワンマンライブ。その姿を今や遅しと待ちわびたファン、1部、2部合わせて約800名が会場に詰めかけ、オープニングで彼らが姿を現わすと、早くも観客のテンションは最高潮に達した。

メンバーのミンスは「ここまでいろんなことがありましたが、こうやってみんな一生懸命応援していただいて、本当にありがとうございます」とファンに対する感謝の気持ちを述べた。

ライブでは、「The Real One」や「Dress Up」など、韓国でのヒット曲を始め、アップテンポなダンスナンバーから、バラード曲まで取り揃えた多彩なセットリスト計12曲を披露。ボーカルチーム、ラップチームに分かれた個性豊かなステージも見せるなど、その高いパフォーマンス力に、集まった観客たちは一様に酔いしれていた。

そして、アンコールでは、9月28日にリリースされることが決定した、日本デビュー曲「Only Girl」も初お披露目。ポップなダンスナンバーで会場を沸かせた。

ライブの最後には、サプライズでメンバーの両親からのビデオメッセージが流される場面も。メンバーは全員、日本デビューの詳細VTRが流れると教えられていたようで、リーダーのウォンジュンは「すごく明るい表情で紹介したんですけど、一番手に僕のお母さんが出てきてびっくりしました」と会場を笑わせ、スウンは「泣いてしまって、映像で何を言っているかちゃんと見れなかった。」と号泣していた。ソヌは泣きそうな表情で、言葉が出ないほど感動していた。

最後には「今日はたくさん来てくれてありがとうございました!」「愛してます」と挨拶したBoys Republic。今後の飛躍がますます期待出来そうだ。

株式会社イータレントバンク

最終更新:7月6日(水)22時24分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。