ここから本文です

ワンメイク参戦車両も性能一新。TRD『新型86 Racing』デビュー

オートスポーツweb 7月6日(水)14時20分配信

 例年、人気が加速するとともに、競争も激しくなっている『TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race』。その参戦ベース車両も、先日の86/BRZの大幅なマイナーチェンジに合わせ、更新されることとなった。



 これまでどおり、TRDが開発を担当したワンメイクレース参戦用コンプリートカー『新型86 Racing』は2016年10月31日より全国のトヨタ販売店を通じて発売される。

 すべての領域で刷新された新型86をベースに、『専用ロールケージ』、『専用エンジンオイルクーラー』、『専用FRディスクブレーキダストカバー&ブレーキダクト』、『専用フロアマット』、『牽引ストラップ』、『4点式シートベルト』を架装しながら、税込305万2080円(北海道・沖縄地区を除く)というエントリーユーザーにはうれしい価格設定となっている。


 エンジンもベースモデルでマニュアル車のみに設定される207馬力仕様であることに加え、空冷式のオイルクーラーなどが追加された上で封印が施される。

 また、ベースモデルで4.3に低められたファイナルギヤがレースでどのように作用するかもポイントだ。オプション装着ながら、『スポーツドライブロガー』のソケットも用意されている。

 同車は2017年シリーズからエントリーが承認される予定で、17年は新旧の車両が混走する形がとられる。車両とスポーティングのレギュレーションは、追ってT.R.A.(トヨタカーズ・レース・アソシエーション)から発表される予定だ。
 

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月6日(水)14時20分

オートスポーツweb