ここから本文です

F1シルバーストンテスト:ビッグチームも若手ドライバーを起用

オートスポーツweb 7月6日(水)16時46分配信

 イギリスGP後に開催されるF1合同テストに参加するメンバーが次第に明らかになってきた。

セルジオ・セッテ・カマラがトロロッソでシート合わせ

 今年はスペインGPとイギリスGPの後にF1合同テストが開催され、4日間のインシーズンテストのうち2日以上を若手ドライバーのトレーニングに当てなければならないと定められている。

 現時点で5チームが採用するドライバーが明らかになっているが、ほとんどがレギュラードライバー以外を12、13日に走らせる予定。

 レッドブルはジュニアドライバーのピエール・ガスリーを起用。ガスリーはバルセロナでのインシーズンテストではトロロッソをドライブしたが、今回はレッドブル・レーシングで2日間にわたりRB12で走ることが明らかになった。フランス出身20歳のガスリーは今年GP2に参戦、現在ランキング8位に位置している。

 
 ハースF1チームは、開発ドライバーのサンティーノ・フェルッチを2日間走らせる。アメリカ出身18歳のフェルッチは、今年GP3に出場しているが、今のところノーポイントだ。

 フォース・インディアはロシア出身のニキータ・マゼピンを起用する。マゼピンは現在17歳、ヨーロピアンF3に参戦、フォース・インディアと開発ドライバー契約を結んでいる。

 メルセデスはジュニアドライバーでルノーのリザーブドライバーを務めるエステバン・オコンを起用。さらに来季タイヤ開発のために持ち込む2014年W05には、リザーブドライバーで今年マノーで走るパスカル・ウェーレインを乗せる。

 
 トロロッソは、レッドブルのジュニアドライバーであるセルジオ・セッテ・カマラを起用する。ブラジル出身18歳のセッテ・カマラは、今年F3ヨーロピアン選手権で2年目のシーズンを送っている。初日12日はカルロス・サインツJr、2日目にセッテ・カマラが走行すると、トロロッソは発表した。
 
 現在まで明らかになっているシルバーストンテストのドライバーラインアップは以下のとおり。

【シルバーストンテスト・ラインアップ】(予定)
メルセデス:エステバン・オコン(ピレリタイヤテストのためパスカル・ウェーレインは2014年型で走行)
レッドブル:ピエール・ガスリー
トロロッソ:カルロス・サインツ、セルジオ・セッテ・カマラ
フォース・インディア:ニキータ・マゼピン
ハース:サンティーノ・フェルッチ

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月6日(水)16時52分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]