ここから本文です

“空力の天才”来季完全復活か。「ニューウェイは17年規定に興奮している」とチーム代表

オートスポーツweb 7月6日(水)17時36分配信

 レッドブルのデザイナーであるエイドリアン・ニューウェイは、2017年から導入される新しいボディワークの変更点に”興奮”が高まっているとチームオーナーであるクリスチャン・ホーナーが明かした。

【動画】ストフェル・バンドーンがホンダNSXの魅力を語る

 ニューウェイは昨年からレッドブルのアドバイザーとして関与しているが、ここ数年、徐々にF1の表舞台から後ずさりしている。“空力の革命児”は、昨年より取り掛かっているアストンマーティンのロードカープロジェクトと二足の草鞋を履いている状況だ。

 この事実にホーナーは「空力やワイドタイヤ化といった要素と違う部分で速さを競う現在のレギュレーション(パワーユニット競争)の導入で、ニューウェイのF1への関心は遠のいてしまった。でも彼は2017年のレギュレーション変更に興奮を隠せないでいる。今、ニューウェイは2つのプロジェクトを担っている。アストンマーティンのプロジェクトでは設計をしており、デザイナーとしての本分に戻りつつある。ニューウェイはマシンコンセプト、空力、レイアウトのスペシャリストだ。来年のマシンでは大きく関わることになると思う」とニューウェイの心境を明かした。

 ニューウェイはF1に”完全復活”するかとの問いに対し、ホーナーは「彼は現在も不定期に関わってくれている。言えるのはニューウェイはこれまでの実績が認められているだけでなく、今でも非常に優れたデザイナーだということだ。彼が何にプライオリティを置いているかによるが、我々のファクトリーには彼のために労を惜しまない、腕利きのスタッフが在籍している。現在のクルマはそのスタッフによって作られている」と答え、復帰に関しての明言は避けた。

 アストンマーティンとの共同プロジェクトで次世代ハイパーカー”AM-RB 001”を作り上げたレッドブルだが、彼らの優先順位としてはあくまではF1に集中することだとホーナーは言う。

「我々のプライオリティはグランプリレースにある。でも(アストンマーティンとの)プロジェクトは我々の優れたエンジニアスキルの証明とエイドリアン(ニューウェイ)の野心を実現しただけでなく、アストンマーティンのようなブランドとパートナーシップを結ぶことによる商業的利点を含めていいこと尽くめだ」

「我々はここ18か月間、注文部門を通して、アストンマーティンにサービスを提供している。(今期のマシンである)RB12はアストンマーチンとの提携の中で作られた最初のクルマというだけでなく、大きな成功を生むクルマになった」

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月9日(土)15時26分

オートスポーツweb