ここから本文です

NSX-GTとライバルたちがそろい踏み。もてぎコレクションホールでJGTC企画展開催

オートスポーツweb 7月6日(水)20時50分配信

 ツインリンクもてぎの敷地内にあるホンダコレクションホールでは、9月2日から12月12日まで、企画展『最速のNSXを目指して~全日本GT選手権制覇への軌跡~』を開催する。

【04年チャンピオンカーのザナヴィ ニスモZ】

 この企画展は、スーパーGTの前身であるJGTC全日本GT選手権時代を特集。1996年からル・マン24時間のGT2クラス用車両を流用し参戦を開始したホンダNSXが、その後97年から無限×童夢プロジェクトによる専用マシン『NSX-GT』を開発。GTカーの空力の概念を変え、コーナリングを武器にチャンピオン獲得に至る軌跡を紹介していく。

 そんな企画展の主役は96年の車両と同じGT2仕様NSXをはじめ、97年のエイベックス 童夢 無限NSX、道上龍が初のチャンピオンを獲得したカストロール 無限NSXなどNSX-GTが中心だが、トヨタ、ニッサンの協力により、NSXと激しい戦いを演じてきたスープラ、GT-R、フェアレディZといったライバルたちも展示。3メーカー4車種の歴代JGTCチャンピオンマシンがそろう。

 スーパーGTファンならぜひ訪れたい企画展『最速のNSXを目指して~全日本GT選手権制覇への軌跡~』は9月2日から12月12日まで(98年ペンゾイル・ニスモGT-Rは11月30日までの展示)だ。

ホンダコレクションホール企画展
最速のNSXを目指して
~全日本GT選手権制覇への軌跡~
展示期間:2016年9月2日(金)~12月12日(月)
展示場所:ホンダコレクションホール 2、3階中央エリア

【展示車両】
・トヨタ/デンソー サード スープラ(1995年)
・ホンダ/レイブリックNSX(1996年)
・ホンダ/NSXタイプS(1997年) ※市販車両
・ホンダ/エイベックス 童夢 無限NSX(1997年)
・トヨタ/カストロール トムス スープラ(1997年)※JGTCシリーズチャンピオン
・ニッサン/ペンズオイル ニスモ スカイラインGT-R(1998年)※JGTCシリーズチャンピオン
・ホンダ/カストロール 無限 NSX(2000年)※JGTCシリーズチャンピオン
・ニッサン/ザナヴィ ニスモ フェアレディZ(2004年)※JGTCシリーズチャンピオン

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月6日(水)20時56分

オートスポーツweb