ここから本文です

ビヨンセ最新アルバム『レモネード』国内盤、7月6日発売開始!

Billboard Japan 7月6日(水)12時10分配信

 世界的歌姫ビヨンセの約2年半ぶり通算6作目となる最新ビジュアル・アルバム『レモネード』の国内盤が遂に7月6日に発売される。7月4日には、今作の日本語字幕入り映像作品のトークショー付き先行試写会が開催され、登壇したゲストそれぞれが独自の鋭い視点で『レモネード』を語り、会場を大いに盛り上げた。

 トークショーには辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト)、ナジャ・グランディーバ(女装家タレント)、大柳葵理絵(GOSSIPS編集長)が登場。大柳編集長は、「映画のように最初から最後まで濃いストーリーで出来ていて、その完成度の高さに驚いた。」と語り、辛酸なめ子も「女性の人生が走馬灯のように凝縮された作品。」とコメント。ナジャ・グランディーバは、「ビヨンセのように成功を手にした大スターも嫉妬するというのが衝撃。最後には “幸せをつかみたい!”というビヨンセの気持ちが伝わってきた。」など、それぞれの『レモネード』への熱い思いを語り合った。

 6月26日に開催された米BET Awardsでは、『レモネード』の収録曲「フォーメーション」が「ビデオ・オブ・ザ・イヤー」に選ばれ、更には「最優秀女性R&B/ポップ・アーティスト賞」等ビヨンセは最多5冠を獲得した。そして、全米・全英で1位、またiTunesでは世界102か国で1位を獲得している今作について、世界の有名アーティストや有力誌が絶賛コメントを寄せている。

◎世界の有名アーティスト、有力誌からのコメント
― ファレル・ウィリアムス
「彼女はまさにアーティストだ。自分自身を表現している。(新作は)美しい作品だ。 “許し”というテーマは美しいメッセージであり、世界が、そして僕らが、今必要としているものだと思う」
― Entertainment Weekly
「目の覚めるような美しさと感動」
― The Guardian
「まさか自分が涙を流すとは思っていなかった。しかし泣いてしまったのだ。(今作は)単にパートナーとの関係や浮気について歌っているのではない、それを超えたことを歌っているのだ。」
― Independent
「火のように熱く、反骨精神にあふれ、猛烈に誇り高く、壮大な作品。」

 そして、Billoard JAPAN.comでは、『レモネード』のクレジットを中心とした特集記事「ビヨンセ『レモネード』徹底解析」も公開されている。

◎リリース情報
『レモネード』
2016/7/6/ RELEASE
3,300円(plus tax)DVD日本語字幕入り | 対訳・解説付き
詳細:http://www.beyonce-lemonade.jp

◎『LEMONADE / レモネード』トラックリスト
01. PRAY YOU CATCH ME/プレイ・ユー・キャッチ・ミ―
02. HOLD UP/ホールド・アップ
03. DON’ HURT YOURSELF (FEAT. JACK WHITE)/ドント・ハート・ユアセルフ(feat.ジャック・ホワイト)
04. SORRY/ソーリー
05. 6 INCH (FEAT. THE WEEKND)/6インチ(feat.ザ・ウィークエンド)
06. DADDY LESSONS/ダディ・レッスンズ
07. LOVE DROUGHT/ラヴ・ドラウト
08. SANDCASTLES/サンドキャッスルズ
09. FORWARD (FEAT. JAMES BLAKE)/フォワード(feat.ジェイムス・ブレイク)
10. FREEDOM (FEAT. KENDRICK LAMAR)/フリーダム(feat.ケンドリック・ラマー)
11. ALL NIGHT/オール・ナイト
12. FORMATION/フォーメーション
13. LEMONADE FILM/レモネード・フィルム ※映像
※13=1~12曲目それぞれに呼応したミュージック・ビデオによって綴られる1本の映像作品。
※デジタルは12曲の音源と映像「レモネード・フィルム」を1アルバムとして配信中
※国内盤及び輸入盤は「レモネード・フィルム」をDVD化

最終更新:7月6日(水)12時10分

Billboard Japan