ここから本文です

GENERATIONS「涙」13.9万枚を売上げ総合首位、平井堅ダウンロード1位

Billboard Japan 7月6日(水)15時20分配信

 GENERATIONS from EXILE TRIBE「涙」がシングル13.9万枚を売上げ、総合JAPAN Hot100首位を獲得した。他データのラジオ10位、ルックアップ4位、Twitter4位と、各データでポイントを積み上げる一方、13.9万枚のシングル・セールスのポイントがダメ押しとなって総合首位を獲得した。

 総合2位となったのは、桑田佳祐「ヨシ子さん」で、こちらもシングル・セールスは8.1万枚と好調。前週に続いてラジオでも1位となり、この2データとルックアップ2位の合計ポイントでGENERATIONSを追い上げたが、ダウンロード、Twitterなどの他データでは逆に差を拡げられる結果となった。また、今回のニュー・シングルでは、「大河の一滴」がダウンロード、ストリーミングでは「ヨシ子さん」よりも高ランクとなっている。

 平井堅「魔法って言っていいかな?」は、前週に引き続きダウンロード1位。他データは下降傾向にあるが、次週以降にレンタルによるルックアップ・ポイントの上昇は確実で、そのポイントとダウンロードのポイントが順位を推しとどめ、総合順位を維持してロングヒットに繋げるか注目だ。

 ルックアップで1位を守る藤原さくら「Soup」と動画1位のFlower「やさしさで溢れるように」の、ロングヒット2曲は、シングル・リリースでポイントを急上昇させた新曲勢によって、揃って総合順位を落とした。とはいえ、それぞれ1位指標でのポイントはまだまだ高く、その影響かセールス各指標のポイントも高ポイントを維持しており、次週も総合順位を大きく下げることは無いだろう。

◎【JAPAN Hot100】トップ20
1位「涙」GENERATIONS from EXILE TRIBE
2位「ヨシ子さん」桑田佳祐
3位「花風」VIXX
4位「Soup」藤原さくら
5位「魔法って言っていいかな?」平井堅
6位「Into the Sky」SawanoHiroyuki[nZk]:Tielle
7位「spank!!」lol
8位「やさしさで溢れるように」Flower
9位「ナツコイ」井上苑子
10位「未来」コブクロ
11位「大河の一滴」桑田佳祐
12位「だいじょうぶ」BLUE ENCOUNT
13位「MUGEN ROAD」三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
14位「Mint」安室奈美恵
15位「YES!I SCREAM」Kis-My-Ft2
16位「NEW」AAA
17位「ハイファイ☆デイズ」佐々木千枝(今井麻夏),櫻井桃華(照井春佳),市原仁奈(久野美咲),龍崎薫(春瀬なつみ),赤城みりあ(黒沢ともよ)
18位「僕はいない」NMB48
19位「I seek」嵐
20位「ジャスト・ライク・ファイア」ピンク

最終更新:7月6日(水)15時20分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。