ここから本文です

『GANTZ:O』、主人公は人気声優・小野大輔に決定!「期待してください」

クランクイン! 7月6日(水)18時0分配信

 奥浩哉の大ヒットSFアクションコミックをフル3DCG化した長編アニメーション映画『GANTZ:O』の主人公・加藤勝を、大人気声優・小野大輔が演じることが決定した。それに合わせ、小野が加藤を演じる本編映像の一部が、公式サイトにて公開となった。

【関連】『GANTZ:O』フォトギャラリー


 死んだはずの人間達と謎の星人との壮絶な死闘を描いた人気コミック『GANTZ』。本作では、特に人気を誇るエピソード「大阪編」がフル3DCGアニメーションで再始動する。総監督には『TIGER & BUNNY』や、『聖闘士星矢 Legend of Sanctuary』など、実写映画、アニメ映画などの監督を手がけてきたさとうけいいちが、監督には日本初フル3DCG超大作『APPLESEED』で CG ディレクターを手がけた川村泰が担当。
 
 本作は、原作コミックの中でも最も人気の高いと言われている「大阪編」の完全映画化作品。原作の主人公・玄野計が死亡した世界で、加藤をリーダーに、東京と大阪のガンツチームが自らの命を懸け「妖怪軍団」に闘いに挑むストーリー。
 
 加藤を演じる小野は「僕もファンとして待ち望んでいた大阪編の映像化です」と原作のファンであることを明かし、「奥先生が原作で描いた心の動きであったり、哀しみ、感動が鮮明に伝わってくる作品になっていると思います。ファンの方には絶対見ていただきたい。期待していてください!」とアピールした。

 映画『GANTZ:O』は、10月14日より全国ロードショー。

最終更新:7月6日(水)18時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。