ここから本文です

白浜温泉「崎の湯」入浴無料に 東京からJAL便利用の観光客

紀伊民報 7月6日(水)16時45分配信

 和歌山県白浜町と白浜観光協会は8月1日~9月30日、東京(羽田)から南紀白浜空港に日本航空(JAL)便で訪れた人を対象に、町営公衆浴場露天風呂「崎の湯」の入浴料を無料にしたり、レンタサイクルを半額にしたりする。関東圏で「南紀白浜」の知名度を高め、誘客につなげたいという。

 町や観光協会のホームページ、首都圏でのプロモーションなどで利用を呼び掛ける。白浜空港でも到着時にアナウンスを流すという。

 希望者は、崎の湯入り口やレンタサイクルを扱う観光協会事務所で搭乗券を提示すればよい。協会事務所は白良浜海水浴場近くの通称「れんが通り」沿いにある。それぞれ1便につき1回限り。

 通常、入浴料は420円(3歳以上、障害者は無料)。レンタサイクルは普通車500円、電動アシスト付きは千円。保証料として千円が別途必要だが、返却時に返金する。レンタサイクルは全15台。すべて借りられている場合は粗品を贈る。崎の湯は水曜定休。協会事務所は無休。

 崎の湯の無料化は昨年に続き2回目。昨年は290人が利用したという。

 問い合わせは町観光課(0739・43・6588)、白浜観光協会(0739・43・5511)へ。

最終更新:7月6日(水)16時45分

紀伊民報