ここから本文です

ヴォルフスブルク期待のU23独代表MF、虫垂炎でリオ五輪出場が絶望に

SOCCER KING 7月6日(水)8時25分配信

 4日、ヴォルフスブルクが2016-17シーズン開幕に向けて始動した。しかし、そこにU-23ドイツ代表MFマクシミリアン・アルノルトの姿はなかった。

 ドイツ紙『ビルト』が5日に報じたところによると、アルノルトは3日から4日にかけての晩に腹部の痛みを訴え、病院へ搬送されたという。同クラブのマネージャーであるクラウス・アロフス氏によれば、アーノルドは虫垂炎の手術をすでに受けたそうで、これによりメンバー入りが確実視されていたリオデジャネイロ・オリンピックに出場するU-23ドイツ代表への道は断たれてしまった。

 アロフス氏はさらに、「マクシ(アルノルト)には、おそらく2~4週間の休みが必要となる。オリンピックはもちろん、クラブでのプレシーズンについても大きな問題となってしまう」とコメントしており、大幅に出遅れることが確実となった。

 その一方で、U-19クロアチア代表FWヨシプ・ブレカロ、元オランダ代表DFジェフリー・ブルマ、ドイツ人MFヤニック・ゲルハルト、ドイツ人MFダニエル・ディダヴィの新加入選手4名はトレーニング初日から元気に汗を流している。

SOCCER KING

最終更新:7月6日(水)9時55分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]