ここから本文です

マンU初会見に臨んだモウリーニョ、ルーニーのFW起用&4人補強を明言

SOCCER KING 7月6日(水)8時10分配信

 マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ新監督が5日、本拠地のオールド・トラッフォードで行われた就任後初となる特別会見に出席した。クラブ公式サイトが同監督のコメントを伝えている。

 クラブの新指揮官として正式にお披露目となったモウリーニョ監督は、「ここは自分が望んだ場所だ」と強調。「誰もがやりたいと願う」仕事を与えられたことへの喜びを語った。

「このクラブについて、思っていることをうまく表現する言葉が見つからない。“夢の仕事”というような決まり文句は使いたくない。なぜなら、これは“夢の仕事”などでなく、現実だからだ。わたしはマンチェスター・Uの監督であり、それは誰もがやりたい仕事だということだ。しかし多くの者はその機会を得ることができない。しかしわたしは得た」

 また、新シーズンに受けて構想を思案中だというモウリーニョ監督は、昨シーズンやイングランド代表にて中盤でプレーしていたキャプテンのFWウェイン・ルーニー(30)について、MFよりもFWとして見ていると明かした。

「ウェインくらいの年の選手がプレースタイルを多少変えることはありうるが、決して変わることのないものがある。それがボールをゴールに入れたい、と感じる天性の嗅覚だ。いまの彼はストライカーではないかもしれない。しかし『6番』では決してない。ゴールから60メートルも下がった位置でプレーする選手ではないのだ」

「彼のパスは素晴らしい。だが、優れたパス技術を持った選手は大勢いるが、ゴールにボールを入れられる選手はそう多くない。私にとって彼は『9番』か『10番』、もしくは『9.5番』であって、『6番』や『8番』ではない」

 5月下旬に就任が決まって以来、モウリーニョ監督は新チームの組み立てに注力している。その間、MFマイケル・キャリック、FWマーカス・ラシュフォード、DFキャメロン・ボースウィック・ジャクソンとの契約を更新し、DFエリック・バイリーとFWズラタン・イブラヒモヴィッチの新戦力2人を獲得した。

「我々は、チームにバランスを与え、さらにクオリティを押し上げるべく4人の中核メンバーを選択した。3人目は間もなく公になるだろう」と今夏4人の補強をすると明言。「私はスペシャリストが好きだ。器用にいろいろこなすタイプではなくてね。私のアプローチは非常に特殊だ。よって、それに対応できるスペシャリストと求めている。多機能型の選手は、ケガ人が出たときにも重宝するし、常に必要な人材ではある。しかし私が欲しいのはスペシャリストだ」と補強する選手について自身の考えを語った。

SOCCER KING

最終更新:7月6日(水)9時56分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]