ここから本文です

ミラン名誉会長が中国企業への売却を明言「栄光の30年に幕を閉じる」

SOCCER KING 7月6日(水)18時1分配信

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランのシルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長が5日、同クラブを中国企業グループへ売却することを決意したことを明かした。同日付のイタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。

 ベルルスコーニ名誉会長は、心臓の手術のために入院していた、ミラノのサン・ラッファエーレ病院から退院。車に乗り込む前に同会長は、記者からの質問に応じ「再び高いレベルにもたらすことができる者にミランを委ねた。国家が関与する中国企業グループには、2年で40億ユーロ(約5760億円)の投資を強く要求した」と答え、中国資本への売却を明かした。

 さらに、人工心臓弁の移植手術を受けてやつれた表情で、クラブの停滞についてコメント。「この4年間、望んでいたようにミランを強化できなかった。栄光に満ちた30年の幕を閉じたい。ミラン・ブランドの価値を計算せずに、売却価格をつり上げることを諦めた」と続け、悔しさも覗かせている。

SOCCER KING

最終更新:7月6日(水)18時2分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。