ここから本文です

アトレティコ、約28億円でFWバッカ獲得へ…クラブ幹部がミラノ訪問

SOCCER KING 7月6日(水)17時51分配信

 アトレティコ・マドリードが、日本代表FW本田圭佑のミランに所属するコロンビア代表FWカルロス・バッカの獲得に動いていることが明らかになった。5日付のスペイン紙『アス』などが報じている。

 同紙によると、アトレティコ・マドリードのテクニカル・ディレクターを務めるアンドレア・ベルタ氏がミラノを訪問。バッカ獲得に向けた交渉を完了させることが目的であると推測されている。

 アトレティコ・マドリードは移籍金として2500万ユーロ(約27億7500万円)を準備。バッカに対しては年俸380万ユーロ(約4億2000万円)の契約を提示する方針だという。

 アトレティコ・マドリードは今夏の移籍市場でストライカーの獲得を画策。チェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタやパリ・サンジェルマンのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニらにも関心を示したが、契約成立は厳しいと見込まれている。そこで、2014-15シーズンのセビージャ在籍時代に、リーガ・エスパニョーラ37試合出場20ゴールを記録したバッカに白羽の矢を立てたようだ。

 バッカは2年ぶりのリーガ・エスパニョーラ復帰となるのか。今後の展開に注目が集まる。

SOCCER KING

最終更新:7月6日(水)19時14分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。