ここから本文です

ベテランと若手の共存へ…欧州の舞台で底力を見せたイタリアの未来とは

SOCCER KING 7月6日(水)21時30分配信

 ユーロ2016フランス大会のイタリア代表はベスト8という結果で終わった。どうも国際大会の大舞台でのPK戦に弱いアッズーリだ。かつてのロベルト・バッジョ氏のうなだれた姿を思い出す。しかし、そんな感傷に浸ってはいられない。すでに新シーズンに向けてサッスオーロ、インテルなどが動き出している。イタリア代表の選手たちもしっかりと1年のシーズンとユーロ2016の疲れを取り、新しいシーズンに備えなければならない。

 アントニオ・コンテからイタリア代表を引き継いだのは、68歳のジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督だ。2015-16シーズンまで5年間トリノを率いてきた。地味ながらもイタリア・サッカー界で生き続けた老将と言っていいだろう。FIGC(イタリアサッカー協会)は一時、元代表監督でユヴェントスなどの経験豊かなマルチェロ・リッピ氏を、テクニカル・ディレクターに迎える準備を進めてきたが物別れで終わった。

 ヴェントゥーラ監督は“コンテ・イタリア”3-5-2をベースにして、2018年ワールドカップ・ロシア大会の予選を戦っていくつもりでいる。守備陣はユヴェントスの選手たち、GKジャンルイジ・ブッフォン、DFジョルジョ・キエリーニ、DFレオナルド・ボヌッチ。そして35歳になったDFアンドレア・バルザーリを代表に残るよう説得するつもりでいるという。またGKには昨年、ミランでセリエAデビューした17歳のジャンルイジ・ドンナルンマを招集し、ブッフォンの後継者として育てる意向だ。また今大会では招集を見送られたユヴェントスの新人、21歳のDFダニエレ・ルガーニもA代表でデビューする可能性が出てきた。

 というのも、今月18日に予定されている代表監督就任会見から約1カ月半後の9月1日にはフランスとの国際親善試合が行われる。同月5日には初の公式戦となるイスラエル戦(W杯予選)、10月6日にはトリノでスペインとのビッグマッチ(同)があるため、急速に新生イタリアを造り上げる必要に迫られているからだ。

 中盤では MFクラディオ・マルキージオ(ユヴェントス)とMFマルコ・ヴェラッティ(パリ・サンジェルマン)の故障からの復帰が待たれる。そして2トップはFWエデル(インテル)とFWグラツィアーノ・ペッレ(サウザンプトン)のコンビで、その他にU-21代表からFWドメニコ・ベラルディ(サッスオーロ)とFWアンドレア・ベロッティ(トリノ)がアッズーリの将来を担う。ベロッティは15-16シーズンにトリノで22試合6得点と、セリエA1年目で及第点の結果を出した。ヴェントゥーラ監督も「もし彼が代表に来なければ、私の将来は破滅だ」とまで言っており、その可能性に賭けている。ベテランと若手の共存でW杯出場を目指すイタリア代表を今後も追っていきたい。

文=赤星敬子

SOCCER KING

最終更新:7月6日(水)21時30分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]