ここから本文です

“べた褒め”ファーガソン氏、モウ就任で「マンUは飛躍的に強くなる」

ゲキサカ 7月6日(水)12時28分配信

 マンチェスター・ユナイテッド元監督のアレックス・ファーガソン氏は、マンチェスター・Uにジョゼ・モウリーニョ監督が就任したことにより、チームはルイス・ファン・ハール前監督時代より飛躍的に強くなるだろうと確信しているようだ。

『スカイスポーツ』によると、ファーガソン氏は「飛躍的にマンチェスター・Uは強くなるだろう。彼はヨーロッパを2度、それぞれ別のクラブで制覇しているし、これまで率いたすべてのクラブでタイトルを獲得している。信じられない記録だよ。マンチェスター・Uこそ彼のような人物にふさわしいと思う」とモウリーニョ監督に大きな期待を寄せている。

 チェルシー監督に復帰した昨季は成績不振により、シーズン途中に解任されたモウリーニョ監督だが、ファーガソン氏は「ジョゼがチェルシーに戻ったのは間違いだったと思う。2度目のクラブというのは、どんなときでも難しいものだよ」と擁護。

 過去にもファーガソン氏は、モウリーニョ監督を「彼は成功者であり、勝者」「歴代最高の監督の一人」「成功したいすべての人にとっての模範」「イケメンだし、本当に不公平」と称賛しているように、その手腕を高く評価しているようだ。

最終更新:7月6日(水)12時44分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。