ここから本文です

試合に出場したい… 神戸が浦和から“ネルシーニョの愛弟子”橋本和を獲得

ゲキサカ 7月6日(水)18時3分配信

 ヴィッセル神戸は6日、浦和レッズからDF橋本和を期限付き移籍で獲得したことを発表した。期間は2017年1月31日まで。背番号は44。

 滋賀県出身の同選手は青森山田高から大阪体育大に進学。2009年より柏でプロ生活をスタートさせると、現在神戸を率いるネルシーニョ監督の下で素質が開花。不動の左SBとして活躍した。

 2015年より浦和に移籍。しかし思うように出場機会を伸ばせず、今季もリーグ戦の出場は1試合にとどまっていた。

 橋本は浦和レッズを通じ「プロサッカー選手として試合に出場したいという思いが強くなり、環境を変える決断をしました」と決断理由を説明。新天地神戸を通じては、「勝利に貢献できるように全力でがんばります」と意気込みを語った。

 なお、橋本は浦和と対戦するすべての公式戦に出場できない。

最終更新:7月6日(水)18時3分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。