ここから本文です

仙台が24歳ブラジル人MF獲得「持ち味はスピードと細かいドリブル」

ゲキサカ 7月6日(水)18時12分配信

 ベガルタ仙台は6日、アトレティコ・ミネイロからMFパブロ・ジオゴ(24)を期限付きで獲得したことを発表した。期間は7月6日から2017年1月1日まで。背番号は36。

 同選手は1992年12月18日生まれの24歳。2010年からブラジル国内でプロキャリアを重ねてきた。身長は175cmで体重は67kg。持ち味は「スピードと細かいドリブル」だという。

 クラブを通じ「チームの目標を達成するために全力を尽くして、サポーターのみなさんに喜びを届けたいと思います」と意気込みを語っている。

最終更新:7月6日(水)18時12分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。