ここから本文です

観月ありさ 25年連続ドラマ主演 結婚後初連ドラでドロ沼不倫劇

デイリースポーツ 7月7日(木)4時0分配信

 女優の観月ありさ(39)が、NHK BSプレミアム「隠れ菊」(9月4日スタート、日曜、後10・00予定)で、芸能界史上最長となる25年連続で連続ドラマに主演することが6日、分かった。連城三紀彦氏の同名小説が原作で、夫に不倫され、離婚を機に旅館のおかみに転身する女性を演じる。昨年3月に建設関連会社社長の青山光司氏と結婚後、初の連ドラ。自身初の“不倫ストーリー”に「キャッチーだけど、身の上には起きてほしくない」と苦笑した。

 25年連続の連ドラ主演作が、初の不倫もの。“騒動”が相次ぐ中でのタイムリーな物語に、観月は「キャッチーな作品」と笑った。

 平凡な主婦・通子(観月)の前に夫・旬平(前川泰之)の不倫相手、多衣(緒川たまき)が現れ「ご主人をいただきにまいりました」と告げたところから始まり、離婚、借金、愛人との駆け引きなど、波乱万丈な展開を見せる。

 12月に不惑を迎える観月は、30代最後の作品で取り組む“ドロドロ”に「年齢的に不倫や離婚というテーマが増えていくので、挑戦しなくてはいけない内容」と意欲的だった。

 刺激的なドラマと裏腹に自身は幸せいっぱい。「独身のときは1人で戦っていたけど、結婚して『より頑張ろう』という気持ちになる」と声を弾ませた。青山氏の存在は「思ったことを助言してくれる。背中を押されるような感じ」と大きな支え。不倫の心配はなさそうで「愛人とは?仲良くなんてなれない。会いたくないなぁ」と笑い飛ばした。

 今作では高校生と中学生の母役。実生活については「授かりものなので焦る気持ちはないが、できたらできたでありがたい」とした。これまでは25年という大記録達成へ向け「休めない。華々しく迎えたい」と仕事モード全開だったが、今後は「子供を産むタイミングではある。考えながら仕事をしていきたい」と前向きだった。

 すでに「急に家にいて何かやるのは無理だと思う。あまり休みたくないので、産んでも早々に仕事復帰してそう」とシミュレーション済み。今作を完走した後は“ママ”という新たな姿を披露する日もやってきそうだ。

最終更新:7月7日(木)4時0分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。