ここから本文です

キングズガードなど、プロキオンS最終追い切り速報/栗東トレセンニュース

netkeiba.com 7月7日(木)13時18分配信

 1000万下、1600万下、オープンと3連勝して、プロキオンS(7月10日・中京ダート1400m)で重賞初制覇を狙うキングズガード(栗東・田中章博厩舎)。今朝7日はレースに向けた最終追い切りを坂路馬場で行っている。

 開門から15分ほど経った時間帯に単走で登坂。右ラチ沿いをゆったりと駆け上がってきたが、後半はスピード感十分。時計は4F55.1~3F39.~2F24.9~1F12.1秒だが、ラスト1Fは自己ベストを更新。調教後、厩舎に帰ってきてから撮影したが、どっしりと落ち着いた雰囲気が印象的。状態に関しては申し分ない。

 同厩舎でプロキオンS出走順位16番目タイのピンポンも最終追い切り。1回目のハローが終了した坂路馬場を単走だったが、時計は4F53.0~3F38.2~2F24.1~1F11.6秒。こちらもラスト1Fは自己ベストを更新しており、絶好調といってよい状態ではないだろうか。

(取材・写真:井内利彰)

最終更新:7月7日(木)13時18分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ