ここから本文です

憧れのクリーマーと再会 17歳アマの澤田知佳がメジャー初参戦

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月7日(木)10時4分配信

憧れの人とのラウンドは夢見心地といってよかった。カリフォルニア州のコーデバルGCで7日(木)に開幕する「全米女子オープン」。5月末の日本地区最終予選会を突破したアマチュアの澤田知佳(ルネサンス大阪高3年)が、はじめてのメジャー、米ツアーの舞台に立つ。事前ラウンドでは子どもの頃から大ファンだったポーラ・クリーマーと一緒にプレー。「本当に忘れられない」と胸を躍らせた。

【画像】憧れの選手はポーラ・クリーマー。リボンの色はもちろん・・・

前週3日(日)に米国入りした17歳が、サプライズに感激したのはその翌日。開幕3日前の練習ラウンドで、澤田はクリーマーと同じ組で9ホールを回った。どちらの選手にも用具のサポートをするテーラーメイド社スタッフの計らいで実現した「夢のような」コースチェック。数年前にクリーマーが来日して日本ツアーに出場した際、いちファンとして撮ってもらった記念写真を見せると、お互い当時を思い出して声をあげて笑った。

ロングヘアをリボンで着飾り、同じメーカーのウエア、クラブを握る。そしてスイングもまた、クリーマーとソックリだった。インパクトで頭を下げ、右肩で押し込んでいくようなフォロー。フィニッシュのあと、両ひじを伸ばしてクラブを下ろす様子・・・。

澤田は「よく言われるんですけど、真似をしているつもりはないんです」と言うが、6日(水)に練習ラウンドをともにした宮里美香も「似てるよね」と目を細めた。

2週前の「日本女子アマチュア選手権」では31位と振るわなかったが「ショット自体は良かった。パター、アプローチがイマイチでしたけど、こっちに来てからいい感じです」と復調の気配を感じている。高校を卒業する来年、日本のプロテストを受ける予定で、将来は米ツアー参戦も夢のひとつだ。

既にプロツアーでも活躍する勝みなみ(鹿児島高3年)らと同じ1998年の生まれ。「(同世代の選手は)刺激になるし、すごく尊敬します。頑張らなきゃという気持ちが強くなる。予選通過できるように頑張ります」。世界最高峰のトーナメントで、次代の黄金世代の力を見せる。(カリフォルニア州サンマーティン/桂川洋一)

最終更新:7月7日(木)10時4分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]