ここから本文です

斉藤和義、二階堂ふみ&窪田正孝の幻想的な恋描くショートムービーに新曲

音楽ナタリー 7月7日(木)0時0分配信

斉藤和義の新曲「ひまわりに積もる雪」が、資生堂の特設サイトで公開中のショートムービー「スノービューティー2016『逆さに降る雪』」の主題歌に使用される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

ショートムービーは資生堂「マキアージュ」より9月21日に発売される薬用美白フェイスパウダー「スノービューティーIII」をイメージして制作された作品。雪が降りしきるある日の小さな駅の待合室を舞台に、二階堂ふみ演じる電車を待ちくたびれた女性・ユキと窪田正孝演じる駅員・シローの幻想的なラブストーリーが描かれる。監督は「星ガ丘ワンダーランド」の柳沢翔が務めた。

主題歌の「ひまわりに積もる雪」は斉藤がショートムービーのために書き下ろした新曲。楽曲のイメージについて斉藤は「書いていくうちに、心は近くにいるのだけど、実際には会ったり触れたりできない男の気持ちというか。そんな感じのイメージになっていきました」とコメントしている。なお本作は明日7月8日に配信限定でリリースされる。

斉藤和義 コメント
今回の絵コンテを見てノートになんとなく思いついた言葉を書いていたら、割とすんなりと「ひまわりに積もる雪」と書いていました。そこから曲もできてきたので、そのままでした。呼ばれた感じで出てきた言葉でしたね。書いていくうちに、心は近くにいるのだけど、実際には会ったり触れたりできない男の気持ちというか。そんな感じのイメージになっていきました。

柳沢翔 コメント


シローがユキに対して持つ「別れるのは寂しいけど、前へ踏み出して」という複雑な感情がシンプルでストレートな楽曲と歌詞の力で伝わり、温かくも力強いシーンになりました。物語のラスト、ユキの中で恋が芽生える瞬間の表情と「笑って」という歌詞のリンクが素敵だと思っています。

最終更新:7月7日(木)0時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。