ここから本文です

「世界の亀山」 買収後の“シャープの街”の今…さびれた地元に観光客殺到? ホテル満室の意外な理由

withnews 7月8日(金)7時0分配信

 「世界の亀山」。そう呼ばれてきたシャープ亀山工場が目の前にあった。あまりにも巨大で、視界に収まらない。駐車場も広大だ。かつて最先端の液晶技術で世界に知られた工場は2004年に操業開始。最盛期には社員約3千人が働いていた。08年にリーマン・ショック、今年はシャープが台湾のホンハイ精密工業の傘下に入ることが決まった。かつて「最も予約の取れない」と言われた地元のビジネスホテルに「ある変化」が起きていた。(朝日新聞名古屋報道センター記者・斎藤健一郎)

【画像】視界に入らないほど巨大…「亀山ヒルズ」にそびえるシャープ亀山工場 そして、さびれた駅前

今も社員約2千人が働く

 工場がある「亀山ヒルズ」からJR亀山駅へ向かった。所要時間15分、タクシー代は2250円。駅で客待ちする運転手によると、シャープの次はまたシャープという状態だった乗客が、今はさっぱりで、「7割、いや半分かな」。

 最近は工場へ台湾人を乗せることも多くなった。先行きが不透明の中、工場では今も社員約2千人が働く。

 「まさかシャープが台湾企業の傘下に入る時代が来るとは思わなかったよね」

かつての「シャープ・バブル」

 亀山の街は、シャープの浮き沈みとともに生きてきた。駅近くの不動産屋の男性に話を聞くと、「シャープ・バブル」の時代を語り出した。

 当時は入居希望者があふれ続け、アパート建設が間に合わず、しまいには山を削って谷を埋め、ワンルームアパートを増設したのだという。月6万円まで跳ね上がったという家賃は今、3万円台になった。

 「1週間前も単身の40代の社員さんが退去していきましたよ。早期退職に応じたとかで」。

 かつて3人が働いていた不動産屋で、男性は1人で仕事を続けている。

「シャープ? あかへんで」

 そんな中での参院選。どの候補者も経済発展や雇用確保を熱く訴えるが、この街ではこの5年、経済も雇用も上向いていない。

 空き店舗が目立つ駅前で戦前から商売を続ける「みつわ食堂」に入り、中華そば550円を頼んだ。戦前からずっとここにいる林きみ子さん(80)に話を聞くと、「シャープ? あかへんで」。

 食堂の傍らスナックを経営していた。「1500円の明朗会計」がモットーだった。ママとして4人を雇っていたこともある。シャープの衰退とともに客もひき、8年前にスナックを閉めた。

 「シャープなんて関係あらへん。今はなんの影響もない」。ご主人の彰さん(83)と、朝から晩まで食堂を切り盛りする毎日だ。

中国人観光客で盛況、なぜ?

 脱シャープの兆候を、工場近くの「リビングホテル亀山」で見つけた。

 フロントの女性従業員の話では、かつては「シャープさん」のおかげで「最も予約の取れないホテル」だったという。最近、お得意さんは中国人観光客になった。

 「昨日も大型バス2台で30人。ここは高速もすぐで便利でしょう。京都巡りが終わって伊勢観光の間に泊まるんです」。

 すでに8月末まで予約がいっぱいなのだそうだ。

最終更新:7月8日(金)12時45分

withnews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]