ここから本文です

プロ野球の円陣って効果あるの?

THE PAGE 7月7日(木)13時0分配信

阪神の金本監督が6日、東京ドームで行われた巨人戦で二回の攻撃前にベンチ前で全選手に円陣を組ませて檄を飛ばした。指揮官が、試合の序盤に、直々に檄を飛ばすのは、プロ野球では極めて異例のシーンだった。1回に上本、鳥谷が連続三振した姿を見て、怒りと危機感を覚えた金本監督が、「1打席目から9回二死満塁くらいの気持ちでいけ!相手に向かっていけ!」と、熱く心構えを説いたもの。結果、試合には惜敗したが、昨年までの阪神にはない行動だった。

 だが、単純な疑問がある。
 円陣は、少年野球や高校野球では定番だが、そもそもプロ野球で行って意味があるの? 効果があるの? の疑問だ。阪神は、結果的に、笛吹けど踊らずーーーとなってしまった。

 うんちくを語らせれば、右に出るもののいない元千葉ロッテの里崎智也氏に聞いてみた。

「円陣の効果? それは結果論でしょうが、やって意味がないことはないでしょう。何もしないより明らかにやったほうがいいに決まっています。重要なのは、そこでどんな話をしたか。どんな指示をしたかでしょう」

 里崎氏は、ロッテの現役時代にも何度も円陣を経験している。円陣の中では何を話しているのだろうか。

「円陣で話されるのは、ほとんどバッティングのことです。話をするのは、たいてい打撃コーチです。円陣で、投手コーチや守備コーチが話をすることはほとんどないですよね。円陣内では、この投手には、こういう傾向が出ているから、このボールを狙おうという具体的な指示が出ます。円陣は、チームが打てていないときに、行われますから、当初立てていた作戦の変更、もしくは確認のケースが多いです。試合前ミーティングで指示していたプランでは、うまくいかない、ミーティングで予想していた攻略方法が外れていた、などの場合に、円陣で、その攻略方法を変更したり、逆にプラン通りにバッティングができていないときに、もっと徹底しようと、確認するケースが多いですね。その円陣での指示が結果につながることもありますし、つながらないこともあります。それと円陣には、もうひとつの効果もあります」

1/2ページ

最終更新:7月7日(木)13時46分

THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月1日(土)