ここから本文です

[新製品]オーティコン補聴器の「Oticon Opn」、指向性は過去へ、360°の音をありのまま

BCN 7月7日(木)10時57分配信

[新製品]オーティコン補聴器の「Oticon Opn」、指向性は過去へ、360°の音をありのまま

オーティコンの補聴器「Oticon Opn」

 オーティコン補聴器は7月5日、騒がしい環境の中でも、360°の音を自然に聞き分けられる補聴器「Oticon Opn(オーティコン オープン)」を発売した。

【写真入りの記事】

 発表会では、オーティコンの本社があるデンマークのフレディ・スヴェイネ大使が挨拶し、「日本の社会が高齢化していくなかで、聴覚の衰えを感じる方は増えていくだろう。そのような方々がオーティコンの補聴器で周囲とつながることによって、容易に社会に貢献できるようになる」と語った。

 最新技術の「オープンサウンドナビゲーター機能」を備え、周囲360°の音を毎秒500回の速度でスキャンし、興味を持った音に耳を傾けることができる。従来の聞く範囲を狭めることで特定の音を聞く指向性技術に対し、複数の会話が飛び交うなど、音があふれる場でも自然に音を聞き分けられるようになった。

 また、聴力の低下によって音情報が欠けてしまうと、欠けた情報を補おうとして脳に負荷がかかってしまう。この負荷を軽減するためのBrainHearing(ブレインヒアリング)技術のほか、超高速で音声を処理できる新チップ「Velox(べロックス)」を搭載し、脳の「聞く働き」を支える。

 さらに、二つの通信システムを搭載したTwinLink(ツインリンク)技術を採用することで、両耳間で通信しながら、外部端末ともつながることができる。外部通信は2.4GHzのBluetoothを利用し、無料の「Oticon ONアプリ」を使えば、iPhoneをオープンのリモコンとして活用できる。

 「Oticon Opn」は補聴器で初めて、さまざまなWebサービス間を自動的に連携する「If This Then That(IFTTT、イフト)」のサービスを介して、インターネットに接続する機能を持つ。メールの通知や自宅のセキュリティのオン・オフなどを補聴器で受け取ることができる。

 軽度から高度までの難聴に適合する。価格はオープンで、実勢価格は、両耳セットが100万円前後、片耳が55万円前後の見込み。色は、髪の毛の色に合わせたベーシックなカラーとロイヤルブルーの全8色。

最終更新:7月7日(木)10時57分

BCN

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]