ここから本文です

神木主演「3月のライオン」に豊川悦司、有村架純、佐々木蔵之介ら豪華キャスト

映画.com 7月7日(木)5時0分配信

 [映画.com ニュース] 神木隆之介主演で、羽海野チカ氏の人気漫画を2部作で実写映画化する「3月のライオン」のキャストがこのほど発表された。大友啓史監督がメガホンをとる今作に、豊川悦司、有村架純、佐々木蔵之介、伊藤英明、加瀬亮ら豪華な面々が結集する。

 東京の下町を舞台に、幼い頃に家族を亡くした孤独な17歳のプロ棋士・桐山零と、同じ町に住む川本3姉妹や棋士たちとの交流を描く。零の実父の友人で、零を内弟子として引き取ったプロ棋士の幸田柾近を演じるのは、「プラチナデータ」で大友監督とタッグを組んだ豊川。大友組参加を喜び、「孤高な男達の静かなる決闘の世界に、神木君とどっぷり浸りたいと思います」と意気込みを語る。

 映画、テレビドラマ問わず話題作に引っ張りだこの有村は、幸田家の長女・香子を演じる。父の関心を奪っていった義弟の零に愛憎入り混じった感情を抱く役どころで、「いままでに演じた事のない役柄に挑戦し、毎回密度の濃い撮影でした。何度も何度もテイクを重ねて作られていくシーンが不思議と心地よくて、まだまだ役を演じていたい思いでした」とコメントを寄せた。

 零を将棋研究会に誘うプロ棋士・島田開に扮する佐々木は、「原作ファンの皆様のご期待に応えられるのか、島田八段のごとく胃がキリキリ痛んでおります」と語り、将棋史を覆す天才棋士・宗谷冬司役の加瀬は、「スタジオの食堂で食券を渡す時に、人差し指と中指で挟んで渡してしまうくらい疲れています」と撮影の過酷さを吐露。初の棋士役に挑戦した伊藤は重厚な将棋が持ち味の後藤正宗を演じており、「ただ将棋を指すだけではなく一手一手に意味と感情があり、男と男の勝負の世界にどっぷり浸かっていくのにゾクゾクしました」とマインドスポーツの醍醐味に魅了された様子だ。

 豪華な顔合わせを実現させた大友監督は、「棋士たちが丸ごと背負った人生の、ゴツゴツと音を立て、神経がささくれ、骨がきしむようなぶつかり合い。そんな棋士たちの世界に近づくために、各々が背負った人生が香ってくるような、そしてその人生がまったく違う価値観であることが匂ってくるような、多彩なキャスティングを目指しました」と狙いを説明。「異種格闘技戦のごとき、個性豊かなキャストによるぶつかり合いを日々楽しんで撮影しています」と充実感をにじませている。

 その他、川本3姉妹の長女あかりに倉科カナ、次女ひなたには、NHK連続テレビ小説「あさが来た」で注目を集め、500人近くが参加したオーディションを勝ち抜いた清原果耶、三女モモには子役の新津ちせちゃんがキャスティングされた。3姉妹の祖父・川本相米二役は、大友組初参加のベテラン俳優・前田吟が演じる。

 映画「3月のライオン 前編」「3月のライオン 後編」は2017年春公開。

最終更新:7月7日(木)5時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。