ここから本文です

【UFC】元王者フランク・ミアがリリースを要求

イーファイト 7月7日(木)11時59分配信

 アメリカのMMA(総合格闘技)団体『UFC』の元ヘビー級王者フランク・ミア(アメリカ)がUFCにリリース(契約解除)を要求していることが分かった。

【フォト】マーク・ハントの右ストレートに沈んだ元王者フランク・ミア

 ミアは2001年からUFCのトップファイターとして活躍してきた36歳のベテラン選手だが、今年3月にマーク・ハントにKO負けを喫した試合の当日に、採取したサンプルから禁止薬物が検出され、UFCから2年間の出場停止処分を受けていた。

 現地メディアの取材に応えたミアは「裁定に納得してないので提訴しようとも考えたが、勝算があるのかも定かではないしお金も掛かる。テレビにも出演できないのでテレビ解説の仕事も受けられない。これからどうやって家族を養っていくかを考えなければならない。だから提訴は辞めることにした」と明かした。

 そのうえで「再び試合に出場できるのは2018年4月だ。テレビにも出演できないのなら、他でキャリアを続けられるようにリリースして欲しいということだ」と、リリース要求に至った理由を説明した。

 今のところ、ミアの発言についてUFC側からコメントなどは発表されていない。

 2004年に当時のUFCヘビー級王者ティム・シルビアを破り初戴冠を果たしたミア。直後にバイク事故による負傷のため、約2年間の戦線離脱を余儀なくされ、王座からも自動的に陥落。しかし、2006年の復帰以降も、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、ブロック・レスナー、ミルコ・クロコップら強豪を撃破する活躍を見せてきた。 

 15年に渡ってUFCに出場する人気ファイターのミアだけに、今後の動向に注目が集まる。

最終更新:7月7日(木)11時59分

イーファイト