ここから本文です

喜多郎、キャニオンレコード時代の5作をハイレゾ配信&高音質CDで再発

CDジャーナル 7月7日(木)17時16分配信

喜多郎、キャニオンレコード時代の5作をハイレゾ配信&高音質CDで再発

喜多郎、キャニオンレコード時代の5作をハイレゾ配信&高音質CDで再発

 1978年よりソロ活動をスタートし、作曲家・演奏家として活躍する喜多郎。その名を広く知られるようになったNHK特集「シルクロード」のテーマ曲「SILK ROAD / 絲綢之路」も収録された番組サウンドトラック(1980年)をはじめ、キャニオンレコード在籍時に発表したアルバム5作が、ハイレゾ配信(96kHz / 24bit)と、新素材技術を使った高音質CD「UHQCD」で7月20日(水)に再リリースされます。

 今回再発されるのは、アース・ウインド&ファイアーなどのアートワークを手がけたイラストレーター / 画家の長岡秀星がジャケットを制作した『OASIS』(1979年)、「NHK特集 シルクロード」のサントラ3作(『シルクロード(絲綢之路)』 / 『シルクロード~絲綢之路~II』 / 『敦煌』)、そして同じくNHKの番組「喜多郎&秀星」のオリジナル・サウンドトラック『氣』(81年)という全5作。なお、UHQCDは既にレコード各社から発表されている高音質CDを素材的に高めたもので、ハイレゾ・マスタリングの高音質をCDレベルでも再現しています。

最終更新:7月7日(木)17時16分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。