ここから本文です

松本幸四郎ら名優の「ジャングル・ブック」日本語吹き替え予告がお披露目!

映画.com 7月7日(木)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 名作ディズニーアニメーションを実写映画化する「ジャングル・ブック」の日本語吹き替え予告が、このほど公開された。松本幸四郎、西田敏行、宮沢りえ、伊勢谷友介といった豪華俳優勢による吹き替えがお披露目となった。

【動画】「ジャングル・ブック」日本語吹き替え予告

 ジョン・ファブロー監督が名作の映像化に挑み、動物に育てられた人間の少年の姿を通じ、自然とともに生きる喜びや愛、悲しみを描き出す。ジャングルに置き去りにされた少年モーグリは、動物たちの愛に包まれジャングルで成長する。しかし、人間への復讐に燃えるトラのシア・カーンがジャングルに戻ったことで、幸せな日々は一変する。

 日本語吹き替え予告では、松本ら4人が最新のCG技術で生み出された動物たちに息を吹き込む。優しくも厳しい黒ヒョウのバギーラ(松本)、歌好きの陽気なクマ・バルー(西田)、愛に満ちたオオカミのラクシャ(宮沢)、モーグリに強い敵意を抱くトラのシア・カーン(伊勢谷)。名優4人によって動物たちが個性豊かに息づく、躍動感あふれる映像だ。

 「ジャングル・ブック」は、8月11日から全国で公開。

最終更新:7月7日(木)15時58分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。