ここから本文です

【ZST】山田崇太郎が王者決定戦、宇野薫が宮田和幸とタッグで激突

イーファイト 7月7日(木)15時54分配信

 8月7日(日)東京・新宿FACEで開催される『ZST.52』(昼興行)の全対戦カードが発表された。

【フォト】DREAMで対戦した宮田と宇野

 今大会では山田崇太郎(総合格闘技津田沼道場)がカン・ジョンミン(韓国/東天山mos mma)と第5代ZSTウェルター級王者決定戦を行う。

 第4代ウェルター級王者・濱岸正幸(U-FILE CAMP 登戸)に重大な契約違反が確認されたため、ZST実行委員会は同王座の剥奪を決定。本大会で両選手による王者決定戦を行う運びとなった。

 山田は寝技での極めの強さとケトルベルで鍛え上げたパワーを武器とし、昨年10月に濱岸へ挑戦したが判定2-1で惜敗。ジョンミンはZSTのレギュラー出場外国人選手で、パワフルな打撃を得意とする。2014年8月に濱岸と引き分けており、王座を争う資格は十分だ。ベルトを巻くのはどっちか。

 昨年5月、植松直哉とのコンビで第2代GT(打撃無しのグラップリングルールマッチ)タッグ王者決定トーナメントで優勝した宇野薫(UNO DOJO)が、今回はパートナーを植松の弟子である嶋田裕太(NEXUSENSE)に代えて参戦。宮田和幸(BRAVE GYM)&橋本知之(CARPE DIEM)コンビと対戦する。

 宇野と宮田は2010年大みそかの『Dynamite!!』で対戦し、この時は宮田が宇野を豪快なジャーマンスープレックスで投げるなどして判定勝ちを収めている。グラップリングタッグマッチとはいえ、両者の再戦に注目が集まる。

最終更新:7月7日(木)16時4分

イーファイト