ここから本文です

【NFL】レイダースLBスミスが同僚マックを絶賛、「唯一無二の存在だ」

NFL JAPAN 7月7日(木)15時46分配信

 ラインバッカー(LB)マルコム・スミスは、プロ入りの2011年から4年を過ごしたシアトル・シーホークスでディフェンスのスター選手を何人も見てきた。だがそんな彼でも昨季に移籍したオークランド・レイダースで同僚となったディフェンスエンド(DE)カリル・マックは別次元だったようだ。

 スミスは現地5日夜、『SiriusXM NFL Radio』にて「率直に言って、マックみたいな選手は見たことがない。自分のフットボールの知識やNFLでの経験からも、彼は唯一無二の存在だ。もちろんカレッジでもカリルほど1対1、時には1対2の勝負に強い選手と対戦はなかったね」とコメント。「強いて似た選手を挙げるとすれば、恐らくデリック・トーマスだろうか」と殿堂入り選手の名前を出していた。

 マックは2年目の昨季、オールプロの投票史上初めて複数のポジション(DEとLB)で選出される快挙を達成。それでもスミスはマックはまだ開花し始めたところだと信じ、シーホークスで同僚だったLBブルース・アービンがレイダースへ移籍したのも大きいと考えている。

「俺たちでマックのプレッシャーを軽減できるし、他の選手が相手QBに迫ればカバーリングも容易になる。ビッグプレイも生まれるだろうさ」

<オークランド・レイダース>

最終更新:7月7日(木)15時46分

NFL JAPAN

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]