ここから本文です

自民・小池百合子氏会見 都知事選出馬を正式表明(全文1)推薦なしの立候補

THE PAGE 7/7(木) 11:16配信

 自民党の小池百合子元防衛相が6日午後5時から記者会見を行い、14日に告示される東京都知事選への出馬を正式に表明した。

【中継録画】自民・小池百合子氏が会見 都知事選への出馬を正式表明

 小池氏は、参院選後の結論では政策を論じる時間がなくなるとして、「自らの意思も含めて総合的に判断し、このたびの立候補の結論にいたった」と語った。

 自民党からの推薦は得られないままで、「パラシュートなしで飛び込むので落選するリスクがある」とする一方、「都民目線で覚悟を持ってのぞみたい。むしろしがらみなく戦える」とも語った。そして、「都政の安定へこれまでの延長線ではなくダイナミックに変えるリーダーが必要だ。女性という観点は新しい切り口になる」と訴えた。


 

東京都知事選、正式に立候補を表明

司会:お集まりありがとうございます。それでは始めさせていただきます。

小池:皆さまこんにちは。何度もお呼び立てをいたしまして恐縮でございます。お集まりいただきまして誠にありがとうございます。あらためまして私、小池百合子、東京都知事選に立候補を表明いたします。昨日、石原自民党都連会長にご推薦のお願い、あらためて正式にお願いをしたところでございます。参院選も最終コーナーであり全国の同士が戦っている最中だからこそ早期に結論をお出しいただいて、そして共に戦うということを願っておりましたけれども、参院選後の結論ということでそれがかなわず、6日をめどにと申しておりましたように、私、政策を論じる時間もなくなるということもございまして、客観的、そして自らの意思を含めて総合的に判断いたしました結果、このたびの立候補に結論を導かせていただきました。

 このままでは推薦が得られませんので、不本意ながらパラシュートなしの立候補となります。もちろんリスクは山ほどございます。首都・東京の改革、都民目線によるさまざまな問題解決のために覚悟を持って臨みたいと思います。いえ、むしろ、しがらみがなく戦える、しがらみのない都民の目線で戦えるということで、ある意味、吹っ切れたところもございます。さまざま、関係の皆さま方にはご迷惑をお掛けしたことを、あらためてここでおわびをさせていただくと同時に私の決意を伝えさせていただくところでございます。

 またこの間、多くの皆さま方からたくさんの応援のメッセージ、いただきました。本当にありがとうございます。地方からもたくさんいただきました。中には女はやめとけ、というような、そんなお電話を頂戴したのも事実でございます。しかしこういった1人1人の皆さま方の声を受けて、このたびの大きな戦いに挑戦をしてまいりたいと考えております。

1/6ページ

最終更新:7/7(木) 12:17

THE PAGE

なぜ今? 首相主導の働き方改革