ここから本文です

悪天、夜でも夕日くっきり 村上・瀬波のホテル 窓に特殊フィルム 夕日投影、11日から

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 7月7日(木)13時11分配信

 悪天でも夜でも夕日を堪能-。ロビーの窓がスクリーンになる「夕映えシアター」が、村上市瀬波温泉2の汐美荘にお目見えした。ガラスに特殊なフィルムを貼ることで、暗くすると映像を投影できる仕組みだ。汐美荘では11日、実際に窓から夕日を眺めるようなバーチャル上映を始める。

 汐美荘は、日本海に沈む夕日を見られる「夕映えの宿」がキャッチフレーズ。2009年には全国紙の「夕日の美しい宿」ランキングで1位に選ばれた。

 しかし、冬の降雪や梅雨などにはばまれ、実際に夕日が観賞できるのは年間3分の1ほど。夕日を期待して訪れる客の要望に応えようと、シアターを導入した。

 フィルムはJXエネルギーが開発したスクリーン用透明フィルムで、汐美荘によると、宿泊施設では全国で初導入という。2階ロビーラウンジの窓ガラス4面にわたる縦3・4メートル、横15メートルに貼られた。

 5日に行われた報道向け内覧会では、5月に撮影した夕日の映像が窓いっぱいに映し出された。汐美荘の浅野謙一社長は「冬でも雨でも楽しめる。夜遅く到着して夕日を見逃しても、ダイナミックな映像を見てもらえる」とPRした。夕映えシアターは毎日午後8時から1時間程度放映する予定だ。

最終更新:7月7日(木)13時11分

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ