ここから本文です

キューブリックによる月面着陸ねつ造説、娘が否定

シネマトゥデイ 7月7日(木)11時52分配信

 映画『2001年宇宙の旅』などで知られる巨匠スタンリー・キューブリック監督がアメリカ政府と共謀し、アポロ11号の月面着陸をねつ造したとする都市伝説を、娘のヴィヴィアン・キューブリックがTwitterで否定した。

【画像】キューブリック監督が描いた宇宙

 真空なのにはためくアメリカ国旗や不自然な影などを根拠として、月面着陸映像は月ではなくセットで撮影されたのではないか、さらにはそれにキューブリック監督が関わっているのではないかとするこの都市伝説。昨年もこの説を題材にしたコメディー映画『ムーン・ウォーカーズ』(『ハリー・ポッター』シリーズのルパート・グリント主演)が作られている。

 ヴィヴィアンは「たくさんの人たちがわたしにこのことを聞いてくる。今こそ回答する時だと思う」と切り出すと、「父のようなアーティストが、本当にアメリカ政府の国民への裏切りに手を貸したと思うの?」とばっさり。

 『フルメタル・ジャケット』では音楽を担当するなど、普段の顔だけでなく、仕事場での父親の姿もよく知る彼女は「これまでにもたくさんの陰謀があって、今も起きていると思うけど、月面着陸はウソでわたしの父が撮影した? これだけは理解できない!!」「父の作品がその証拠よ」「わたしの父がアメリカ政府と共謀してウソの月面着陸を撮影した、これは明らかにグロテスクなウソ」と断言している。(編集部・市川遥)

最終更新:7月7日(木)11時52分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。