ここから本文です

東京のタクシー初乗り400円台が実現へ…8割以上が申請

レスポンス 7月7日(木)9時30分配信

国土交通省は、東京のタクシー総車両台数の8割以上で初乗り運賃の見直しの申請があったと発表した。運賃の上限下限を見直す方針で初乗り400円台が実現する見通し。

東京のタクシー運賃については、国土交通省(関東運輸局)が上限下限を設定しているが、最初の事業者が運賃変更を申請してから3か月以内に、地域の総車両台数の7割を超える事業者から同様の申請があった場合、上限下限の幅の変更手続きに入ることになっている。

東京のタクシー運賃変更申請では、4月5日以降、複数の事業者からあり、3か月後の7月4日に申請受付期間が終了したところ、申請事業者数が265社、事業者の車両台数で2万3312台と、申請率が84.3%に達した。

既に運賃改定に係る審査手続きに着手しており、今後、運賃改定手続きに入る。

東京のタクシーは現行、初乗り730円で加算が280mごとに90円となっているが、申請では初乗りが1.059~1.5kmが410~490円で、加算が223~280mごとに80~90円となっている。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:7月7日(木)9時30分

レスポンス

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。