ここから本文です

名前は「弥香」 農業改良場にバーチャルキャラ イメージ向上狙う/台湾

中央社フォーカス台湾 7月7日(木)14時23分配信

(屏東 7日 中央社)高雄区農業改良場(屏東県)が農業への理解やイメージ向上のため登場させたバーチャルキャラクター「弥香」が注目を集めている。同改良場で勤務している設定で、関係者は、若者を引きつけたいと効果に期待を寄せる。

同改良場では1993年からインターネット上での情報発信に取り組んできた。2010年にはフェイスブックファンページを開設。イベント情報や農業に関する正しい知識などを公開してきたが、さらに多くの人に知ってもらおうとアニメとの融合を図った。

デザインは台湾人アーティストが手がけた。弥香の登場後、更新された情報にはわずか数日で1万人以上のネットユーザーの目に触れたとしている。

(郭シセン/編集:齊藤啓介)

最終更新:7月7日(木)14時23分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。