ここから本文です

【ベトナム】HCM市の小売スペース、供給増で賃料下落

NNA 7月7日(木)8時30分配信

 2016年第2四半期(4~6月)のホーチミン市の小売スペースの賃料は、スペースの供給量が増加したため、前年同期に比べ10%下落した。不動産サービス大手サヴィルズ・ベトナムの発表として、5日付VNエクスプレスが報じた。
 6月末時点の小売スペースは、前年同期から13%増加して105万平方メートルとなったが、過去3カ月の供給量は3万500平方メートルの増加にとどまった。
 また小売スペースの各オーナーは、入居店舗が他のテナントに移らないよう、値下げして稼働率を維持する方針を取っているという。第2四半期の小売スペースの平均稼働率は93%で前期から横ばいだった。このうちデパートは2ポイント上昇したが、ショッピングセンターは1ポイント下落、その他は横ばいだった。

最終更新:7月7日(木)8時30分

NNA