ここから本文です

「子どもが映画を観られる年に」 製作期間10年の『GAMBA』、監督たちが道のりを述懐

cinemacafe.net 7月7日(木)13時57分配信

3DCGアニメーション感動作『GAMBA ガンバと仲間たち』のBlu-ray&DVDの発売を記念して、本編の上映会とトークイベントが6日(水)、都内で行われ、同作の河村友宏監督と小森啓裕監督が登壇。約10年かかった同作の製作期間をふり返って、感慨深い思いを語り合った。

【画像】『GAMBA ガンバと仲間たち』の監督

同作は傑作児童文学として名高い「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」を、『ALWAYS 三丁目の夕日』(’05)や『STAND BY ME ドラえもん』(’14)などを手がけた映像制作会社・白組が3DCGアニメーションで映画化。主人公・ガンバの愛と勇気の冒険を壮大なスケールの映像とスペクタクル感に満ちたストーリーで描いて、劇場公開時に高い満足度を得た必見作だ。

小森監督は、「10年かけて仕上げたのでブルーレイの発売日を迎えまして、ものすごく感慨深いです」と素直な心境を吐露。河村監督によるとプロジェクトの始動時、小森監督はまだ独身だったそうで、「やがて結婚して子どもが生まれて、人生がずっとガンバです(笑)」と自分たちにとってライフワークになっていたことを説明。それを聞いた小森監督は、「10年かかると思っていなかった。子どもが映画を観られる年になって(笑)」と笑いを誘った。

注目は「コレクターズ・エディション」の特典映像と言う河村監督は、「本編映像で使っていない絵コンテなどもあるので、また違うストーリーを想像しながら楽しめます。完成版を観て特典映像を観ると、僕たちの試行錯誤の過程がよく分かります」とアピールした。

『GAMBA ガンバと仲間たち』ブルーレイ&DVDは発売中(レンタル同時)。

最終更新:7月7日(木)13時57分

cinemacafe.net