ここから本文です

ジェフ・ゴールドブラム、前作ファンも新世代も楽しめる「インデペンデンス・デイ」新章のVFX映像に自信

映画.com 7月7日(木)14時0分配信

 [映画.com ニュース] 世界的大ヒット作「インデペンデンス・デイ」の20年ぶりの新作「インデペンデンス・デイ リサージェンス」でシリーズに“帰還”したジェフ・ゴールドブラムが来日し、映画.comのインタビューに応じた。

 ゴールドブラムは前作で、戦闘未経験ながらエイリアンに果敢に立ち向かうエンジニア、デイビッド・レビンソンを人間味たっぷりに演じ、世界にその名をとどろかせた。再びデイビッド役のオファーが届いたのは、今から4年前のこと。「ローランド(・エメリッヒ監督)と(製作・脚本の)ディーン(・デブリン)から電話があったんだ。撮影が始まるまで、僕はずっとワクワクしていたよ!」と語る姿からは、本人にとっても待望の企画だったことがうかがえる。

 「インデペンデンス・デイ」といえば、やはりド派手なスペクタクルシーンは外せない。ゴールドブラムは「特殊撮影もこの20年の間に大前進した。本作では監督が特殊効果のベストな人たち、例えばエイリアンを作るエキスパートならこの国からと世界中から呼び寄せて、いわば技術の粋を集めたから、VFX超大作が好きな人にはたまらない作品になっているよ」と自信を見せる。

 技術の進歩は大きな利点だが、前作から20年の月日が流れ、物語の舞台も20年後。それほどの間が空いて再び同じ役を演じるのは、大変ではなかったのか? ゴールドブラムに尋ねると「ローランドとまた組めることが、役作りの大きな助けになったんだ」とニッコリ。「僕はテレビシリーズを多くやっていて、出演者はそのままで監督が代わるということがよくあるんだ。監督よりも自分の方がシリーズの歴史をよくわかっていたりするんだけど、今回はそうじゃなかった。ローランドはストーリーも、僕やキャラクターのこともよくわかっているからね。僕も脚本作りに参加して、(監督や脚本家チームと)自分の役を一緒に考えていったよ」。

 ゴールドブラムの話からは、エメリッヒ監督への並々ならぬ信頼が伝わってくる。両者が再タッグを組んだことだけでもファンにとっては垂ぜんものだが、ゴールドブラムは「監督自身も、前作に言及する部分を慎重に入れていたよ」とし、前作のキャストが結集している点がファンをときめかせると話す。「ビル(・プルマン)も“元”大統領として戻ってくる。今回はひげもじゃ姿でね。ビル自身すごくよい俳優で演技に説得力があり、ジャド(・ハーシュ)も、ブレント(・スピナー)もとても面白みのある人だから、彼らがまた戻ってきてファンも楽しんでくれるはずだよ」。

 前作ファンの心をがっちりつかんだ“最強布陣”に加え、エイリアンの侵攻で孤児となり、復しゅうに燃えるジェイク役のリアム・ヘムズワース、ホイットモアの娘でジェイクの恋人パトリシアに扮したマイカ・モンロー、“96年戦争”の英雄ヒラー大佐(ウィル・スミス)の息子ディランを演じたジェシー・アッシャーといった若手スターの台頭も、シリーズが次のステージに進んだことを感じさせる。

 「本作は単独で見ても十分楽しめるように作られている。初めて見る人には特殊効果や世界観、アイデアがすごく見どころだと思うし、若い俳優がたくさん出ている点も、今の世代には魅力的なんじゃないかな」と語るゴールドブラムは「若い俳優たちと一緒に仕事をして、自分にとっても大いに触発されたよ」と振り返る。「彼らには本能的・直感的なところがあり、いい意味でとてもシンプルな演技をする。これはローランドの演出から学んだことでもあるけれど、(若手俳優との共演で)無理に飾り立てるのではなく、自分を信頼して素直に演じるという新たな局面にたどり着けたんだ」と自身も“進化中”の様相を見せた。

 「インデペンデンス・デイ リサージェンス」は、7月9日から全国公開。

最終更新:7月7日(木)14時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。