ここから本文です

【夏休み2016】国立天文台「ジュニア天文教室」8/16-17、工作や星空観察など

リセマム 7月7日(木)15時45分配信

 国立天文台三鷹キャンパスは8月16日・17日に、小・中学生対象の「夏休みジュニア天文教室2016」を開催する。プログラムは16日が天文望遠鏡工作、17日が立体星図製作。参加できるのはどちらか1日で、7月14日午前10時から参加申込みを受け付ける。申込み多数の場合は抽選。

関連画像を見る

 8月16日の天体望遠鏡工作は、「君もガリレオ!」プロジェクトとの連動企画。かつてガリレオが体験した驚きや発見の追体験を目指すという世界天文年2009の企画の1つとして始まったプロジェクトで、ガリレオが宇宙を初めて観察したものと同程度の小型望遠鏡を用いたプログラムになる。当日は工作・操作実習のほか、夏の星座と天文現象の解説、星空観察などを実施。材料費として1,700円が必要で、キットを受付で購入する。

 8月17日の立体星図製作では、天文学者によるミニレクチャーと立体星図工作を行い、星空観察を実施する。材料費は無料。ミニレクチャーの講師はJASMINE検討室の矢野太平氏が務める。

 対象は小学生から中学生の児童・生徒で、小学生は保護者同伴での参加。定員は各日50名で、16日・17日どちらかの日程に申し込むことができる。参加希望者は、7月14日午前10時から15日午前10時までに、国立天文台Webサイトの参加申込みフォームから申し込む。申込み多数の場合は抽選が行われ、7月19日にメールにて抽選結果が通知される。

◆夏休みジュニア天文教室2016
日時:8月16日(火)・17日(水)16:00~19:30
会場:国立天文台三鷹キャンパス 大セミナー室(すばる棟1階)
対象:小学生~中学生(小学生は保護者同伴での参加)
定員:各日50名
※両日の受講は不可
申込方法:国立天文台Webサイトの参加申込みフォームから申し込む
申込期間:7月14日(木)10:00~15日(金)10:00

《リセマム 黄金崎綾乃》

最終更新:7月7日(木)15時45分

リセマム